muda-doryoku


人気ブログランキングへ


こんにちは。
森雅彦です。

最近、めっきり涼しい朝になってきました。
日中はまだまだ暑い日が続きますが、だんだんと秋の気配が近づいてきているのを感じますね。


さて、以前「がんばってもがんばっても報われないとき」というテーマでお伝えしました。

がんばっているのに報われない時には、
1.事実と意見を分ける
2.全体像を把握する
3.全く関係ない人と話す

ことが重要であるとお伝えしました。


では、正しい努力をしていれば望んだ結果が得られるか、といえば・・・


答えはNO。

どれだけがんばっても、正しい方向に向かって努力したとしても、報われない時はあります。

不条理な世の中だと思うかもしれませんが、これは不条理でも屁理屈でもありません。

植物が種から苗、枝を生やしてツボミを経て花が開くように、
欲しい結果を得るまでには、それなりの過程があります。

その過程を経るには、それなりの時間が必要だということです。


そして、その間にも、成長を感じられる時と、感じられない時があります。

違う施策をしたのに同じ結果で失敗したり、
早起きの習慣を身につけようと思って取り組んだけど、1週間で元の習慣に戻ったり・・・


そんな時に大事なのは、「やり直し」です。

まっさらになって、もう一度行動や習慣を始めましょう。
そして、持続していきましょう。


なぜなのか?


この、「成長を感じられない時間」というのは、自然界の摂理だからです。
例えば、水が沸騰して水蒸気になる時、温度は0度ですね。

水を加熱するとどんどん温度は上がっていき、
85度位になっていくと、水がボコボコと湧いてきます。

しかし、94度くらいから、温度が上がるのが止まってしまいます。
ですが、しばらくすると、再び95,96,97度と上がっていき、最終的に100度になって沸騰します。


成長を感じられないときとは、まさにこの、「温度上昇が一時的にストップしてしまった時」なのです。

成功哲学の世界で、この現象を「プラトー」というそうです。
当たり前の現象のようですが、いざ自分のこととなるとわからなくなるのが人間です。

逆に、成長が止まったと思ったとき、「あぁ、今はプラトーの時期か」と思えば、どっしり心を据えることができます。

今、自分がどの状態にあるのか。
冷静になって考えてみてください。


――――――――――――――【PR文】―――――――――――――――――――――――

「もっと早く知っていれば・・・」


ダイレクトレスポンス業界では知らない人はいない、
指導者的な存在です。

彼は、、、

・朝から晩までびっしり詰まった仕事のスケジュールをこなしながら、
・月に4種類のニュースレター/年に数冊の本を書き、
・クライアントのため/自分のビジネスのために大量のセールスレターや広告を作り、
・アメリカ中を飛び回って講演活動を行い、
・年間150回以上もプロの騎手として競馬レースに参加し、
・コンサルティングやコーチングを行い、
・1ヶ月に本を10冊から12冊、業界紙やニュースレターを50種類以上読んでいる、

という、時間の使い方のスペシャリストでもあります。

そんな彼の、”時間の使い方のテクニック”が「本」になりました。 →今スグ確認する