normal (1)


人気ブログランキングへ


こんにちは。
森雅彦です。

今日は、「がんばっても結果が出ない時」というテーマでお伝えします。

努力することはとても大切なことだし、努力しなければ夢も目標も達成することはできません。
夢を叶えたスポーツ選手や、成功した起業家は口を揃えたように「努力が大切だ」と言います。

テレビなどでそういうものを見ると、「自分もがんばろう」と、やる気がみなぎってくることでしょう。
ですが、残念ながらその大半の人が満足した結果を出せずに終わってしまいます。
諦めてしまいます。

たとえばあなたも、今こんな症状になっていませんか?

・毎日のように上司に怒られ、家に帰るといつも落ち込んでいる

・毎日ブログを書いているのに、全く集客ができず、売上がたたない

このように、がんばっているのにその努力が報われない、という人は多いです。
しかし、努力は方向性を見直すことで成果の出る正しいやり方ができるようになります。

僕が今日提案する3つの観点は




1.事実と意見を分ける

2.全体像を見てみる

3.全く関係ない人と話す



です。
それでは順番にお伝えしていきます。










1.事実と意見を分ける

毎日、上司に怒られているあなた。
上司の説教の内容、全てを受け入れてしまっていませんか?

「だからキミはダメなんだ」
「そもそもキミはこうこうこうで・・・」

と、自分の性格のことまで言われてしまったり、
根も葉もないようなことを言われたり・・・

嫌いな上司であればあるほど、自分の内面のことまで言われると腹が立つのはわかります。

まずは、上司とは仕事上の関係であると割り切りましょう。

また、売上アップに悩んでいる方はまず、顧客はビジネス上の関係でしかない、ということをはっきりさせましょう。

こうして明確に分けて考えることで、「仕事のことを言われている」「顧客が行動(反応)していないだけ」と、考えることができ、

人の言うことに左右されず、今の自分のやるべきことが鮮明になります。



2.全体像を見てみる

仕事の全体像をとらえることが大切です。
今、その仕事が本当に必要なのか。

なぜ、そこまで時間をかけてやるのか、一度冷静になって考えてみましょう。

そして、全体の中の「センターピン」を考えます。

センターピンとは、ボーリングの1番ピンのことですが、ボーリングではセンターピンを狙って投げます。
これは、センターピンを倒すことで他のピンも倒れるし、
センターピンは他のピンによって倒れることはないからです。
ストライクを狙うには、センターピンを倒すしかない。

そのセンターピンは、今の自分にとってなんなのかを明確にする必要があります。
売上が立たずに悩んでいるとき、アクセスアップの施策に取り組んで分母を増やすことを目標にしていても、
その率が改善されなければ、その努力は水の泡になります。
メッセージを改善して、成約率が1%でも伸びれば、全体の数字に影響してきます。

上司に怒られること一つ一つを聞いてそれぞれ実行していてもまた別のことで怒られる・・・
そんな時は、本当に上司が自分に望んでいること、
自分に何ができたら怒られずに済むのか、
センターピンを考えてみましょう。




3.全く関係ない人と話す
 
努力しても報われないときは、自分の殻に閉じこもりがちです。
そんな時は、自分の専門分野について疎い人や、
あまりガミガミ言わない人と会って話してみましょう。

これは愚痴を言うのではなく、あくまでも自分の持っている専門知識や専門分野の話をあえてする、ということです。
全く知らない人と話すことで、相手は「そんなにがんばってるのか。おれもがんばろう」となったり、
あるいは「わかりにくい」と言われるかもしれません。

全く関係ない人とは、自分の専門分野や職場で持っている共通の言葉が通用しないので、
本当に相手に伝わるように話さないといけません。
そうすることで、自分のアウトプットの力が身に付きます。
アウトプットの力が身につけば、自分の仲間を作る力がつきます。

しかし、残念なことに自分のことが伝わらなければ、自分の実力不足だと自覚することができます。
売上が立たないのは自分のメッセージが相手に伝わっていないということ。
上司に怒られるのは、自分の能力が欠けているということ。

他の人と比較してみてはじめて、自分の内面と向き合うことができます。


がんばっても報われない時、どうしても自分をかわいく見せようとする、努力を正当化する、
評価を求めてしまうのは、人間の本能です。
しかし、そのままの自分でいては、それ以上の成長は見込めません。
そして、今の自分よりも未来の自分に対して利己的になることで、さらに高次の本能に目覚めることができます。

ぜひ、試してみてください。

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『大富豪の1日』

大富豪になる人達は
朝起きてから夜寝るまで
いつ、何をどれくらいやっているのか?

それについて書かれた本があります。

『大富豪の仕事術』


成功している人達の1日の過ごし方を知ることは、
あなたの仕事や人生の質を上げるために
とても役に立つと思いませんか?

あなたも知っての通り、
結果は行動からのみ生み出されます。

であれば、、、

彼らが毎日何をやっているのかを知り、
それを真似することができれば、
彼らと同じような結果を生み出す
可能性が高くなるはずですよね?

実際、成功している人達の1日の時間に使い方は
おどろくほど似通っています。

例えば、
ベンジャミン・フランクリン、
ドナルド・トランプ、、、

そして、この本の著者
マイケル・マスターソンもまた、
彼らと同じような時間の使い方をしています。

彼は、毎年700億円以上を稼ぎ出し、
アメリカで唯一天才と言われたマーケッター
ジェイ・エイブラハムさえもリスペクトする
ただ一人の起業家として知られています。

この本の中でマスターソンは
健康、お金、知恵、そして幸福を
手に入れるための具体的で現実的な
「大富豪の仕事術」を公開しています。

もしあなたが、
彼らが朝起きてから夜寝るまでに
いつ、何をどれくらいやっているかを知りたいのなら、
この本をチェックしてみてください。

『大富豪の仕事術』