ダウンロード (2)


人気ブログランキングへ

こんにちは。
森雅彦です。


昨日まで、巷で溢れている「成功するための方法」の欠点と問題点を指摘してきました。

しかし、読者のみなさんの中には、「そもそも起業・独立なんて目指していない」という方もいらっしゃるかもしれません。

また、起業したとしても、3年で6割、10年で9割が破産すると言われている、独立の現実。



僕自身も、全く稼ぎがなくてアルバイトをして生計を立てていました。
フリーなのかフリーターなのか、わからない時期があり、とても苦しみました。

起業を望んでいる人、そしてこのブログの読者の方の多くは、
「経済的な余裕がほしい」と考えていることだと思います。


なので、経済的に豊かになることを目的とするならば、起業しようが、会社で勤めようが同じことです。


経済的に豊かになるには、つまり、月収や年収をアップしようと思えば、まずやらなければならないことがあります。

それは・・・






今の自分の時給を知ること


今の自分を知らなければ、どれだけ目標とする月収や年収の数字を決めても、非現実的で、
なかなか実行することは難しいです。

そして、時間と連動することによって、自分が今どんな働き方をしているのか、
(社会に対してどれだけの評価を受けているのか)

理想の自分はどんな働き方をしているのか
(どんな評価を数字として欲しいか)

がわかるようになります。

コンサルタントのコンサルタント、北岡さんは、理想の時給の算出方法について、次のように言っています。

以下、引用です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ◆時給の算出方法

1 あなたが欲しい年収は?

→ 「とりあえず年収1000万円!」という適当な決め方ではなく
  理想のライフスタイルに必要な金額(住みたい家の家賃、年何回旅行がしたいetc)から
  算出しましょう。


2 働く時間は?

→ こちらも「こうありたい」という労働時間を出してください。


3 欲しい年収÷働く時間を計算してください

→ これで時給が算出できましたネ。
  でも、もうひとつ次の重要なステップがあります。


4 出た時給に3をかける

→ なぜ3をかけるのか?
  答えは簡単です。
  ずっと集中して仕事をしている人はいないからです。
  働く時間の3分の1くらいは集中しているだろうということで、
  3をかける、というわけです。


ここで出た答えが、あなたの料金の基準になります。
答えが2万円になったら、
2時間かかる仕事を依頼されたとき4万円を請求する、
というわけです。

コンサル大学メルマガより)
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

あなたも是非、自分の理想の時給を計算してみてください。



P.S これ、1回やるだけでいかに今の自分の時給が低いかも実感できます。
今の時給と理想の時給の差が、あなたに足りない能力値ということになりますね。


P.P.S 最後の、「3をかける」はこの本からきています。
「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」





起業したい人 ※注目※


守るべき生活がある
収入がなくなるとまずい
失敗して恥ずかしい思いをしたくない


など、サラリーマンの起業は「リスク」を感じるもの。

一度きりの人生なんだから、
思い切ってやってしまえばいいんじゃないか!

とは、理屈では思うものの、、、

実際、それに踏み切ろうとしたら「臆病」になってしまう…


もしあなたがこのような状況なら、
このページを見てください。。。

『臆病者のための科学的起業法』