The Value Growth

高い価値観を身につけ、自分の価値を高めよう。 高い価値観を持つ仲間を増やそう。 すべては自分次第。

images (2)


こんにちは。
森雅彦です。



昨日のブログでは、


あなたの脳の中では意識しているゾーンが、
無意識のゾーンに支配されている。

そのため、この無意識のゾーンを変えなければ、
成功の向こう側には行けない。

そしてそれを変える大きなカギは習慣である、

という話をしました。
『あなたを支配しているもの』




今日は、無意識のうちにあなたの成功、成長を邪魔しているものとは何か、
についてお話しさせていただきます。




あなたの成長、成功を邪魔する存在、それはズバリ、
「心の壁」です。


□希望的観測
□保身
□変化に対する恐怖
□遠慮


他にも細かい点を挙げればキリがありませんが、
よく、何か目標を立てた時、やる気になった時にそれが続いていかないのは、
大きく分けてこの4つに、心が支配されてしまうからなのです。

逆に言えば、この4つの壁をクリアすることができれば、
もしくはこの壁に対して無関心になるほど気にならなくなれば、
あなたの成長はスピードアップしていくことでしょう。


今日はその1つ目「希望的観測」についてお話しさせていただきます。






□希望的観測
一度定めた目標を、忘れてしまっていることはありませんか?
正月に決めた今年の抱負に、今のあなたは向かっているでしょうか?

目標を決めた人の8割は、目標を達成できずに終わるか、
自分で決めた目標さえ忘れてしまうという傾向があります。

なぜ忘れるのでしょうか?

それは、常に意識できる環境にしていないことにあります。

「7月までに3kg痩せる」
「月に1万円ずつ貯金する」

こう決めた時に、それを自分の一番目につくところに掲示し、
その達成のためのプロセスを明確にしましょう。

いや、明確にしていなければ、それは「目標」ではなく、
「願い」にすぎません。


「願い」のままでいいという人にはこれ以上、
僕のブログを読む必要はありません。



しかし、
このままではいけない、
変わりたいという人はぜひ実行してみてください。


次回は2つ目の壁「保身」についてお話しさせていただきます。



「彼を知り
己を知れば
百戦殆うからず」

孫子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お金について考え方を180度変えてしまうかもしれない…
「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」

クリックして詳細を確認する



↓業界注目の目標達成メソッドとは?↓
やる気はなぜ持続しないのか?
ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど
一流経営者が絶賛する目標達成メソッド

6136da9d


漫画「ワンピース」では、支配者と被支配者という構造が際立って 演出されています。 


支配者 天上人(世界貴族)⇔被支配者 人間 
支配者 世界政府     ⇔被支配者 一般人 


という具合です。 
少数の支配者が、感情ではなく論理によってその他大勢を支配し、 
被支配者は論理ではなく感情によって怒りや悲しみに暮れる。 
そして麦わらの一味が地元の反乱軍とともに被支配者の解放のために戦う・・・ 



この構造は、ストーリーを盛り上げるため、 
もしくは「海賊王になる」というワンピースのシナリオ上、 読者が読みやすく、
そして惹きつけられやすく設定されているとも考えられますが、、、 



実は私たちの日常生活とも密接に関係しています。

「収入が増えたけど、結局手元にお金が残らない・・・」
「仕事をやってもやっても時間が足りない・・・」

こういったことは、あなたが知らず知らずのうちに、頭の中で
支配されてしまっているからです。
これは、客観的に見れば、次のようにまとめることができます。



  仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している。
  機械の故障の8割は、全部品のうち2割の部品に原因がある。
  物事の本質の8割は、2割を見ればわかる。
  100匹のアリのうち、よく働くのは2割だけ。




これはイタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが発見した法則で、
「パレートの法則」とも「80対20の法則」とも言われます。

また、人間は脳の4%しか使っていない、とも言われますよね。

人間が普段意識して使っている部分は全体の4%とも3%とも言われ、
あとの96,97%は無意識の部分で使っているということです。


これはつまり、「無意識を変えないと、自分の世界は変わらない」ということです。


自分の中の無意識を変えるには、、、
習慣をかえなければなりません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日はダン・ケネディの
「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」を読まれた
松村さんからいただいた声をご紹介します。


=============================
億万長者のお金を生み出す26の行動原則の感想
By 松村圭一郎さん

200ページを超える分厚い本でしたが、
一気に読んでしまいました。


この本を読んでわかったのは、
お金を稼いだり、富を作るということに対して、
成功者とは真逆の考え方や 行動をしていたといいうことです。



よくよく思い返してみると、
今までお金のことについて
考えたことがなかったです。


自分には縁がなく、
遠い存在だと感じていました。
しかしそれは間違った考え方でした。


お金や富が遠い存在なのではなく、
自分自身で知ろうともせずに
離れていただけでした。


人間関係でも、相手が好意的に接してくれていても、
こちらが嫌って遠ざけていれば、
仲良くなることなんて出来ません。
お金に対しても同じことですね。


この本では、お金と仲良くなり、
お金を稼ぎ富を築く方法が書いてあります。
実例もあげてあり極めて実践的です。


何度も読みながら書いてある内容を実践し、
自分のものにしていきたいと思います。
文句なしの良書です!
もっといろいろな人に広めていきたいです。
=============================

本の詳細はこちらから。

『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』

松村さん、ありがとうございます!


億万長者のお金を生み出す26の行動原則
P.42より

=============================
お金には良心などない。
聖書の発行人の元にも渡るし、
風俗作家の元へも届く。


どちらが善いとか悪いとか言うつもりはない。
(中略)


いとも簡単にお金を山ほど引き寄せたいなら、
お金とはどういうものであり、
どういうものではないかという”本質”や、
お金の持つ”パワー”や、あるところから
別のところへどんなふうに動いていくかを、 しっかり理解する必要がある。


お金は良心など持ち合わせていない。
ただの紙切れに過ぎない。
=============================



よくお金に汚れたお金、綺麗なお金という
意味付けをする人が多いです。

しかし、ケネディの言うとおり
お金自体はただの紙切れに過ぎません。


このようなお金に対して
誤った考えをしてしまうのは、 日本では、お金に対する教育が
ほとんど行われていないのからかもしれません。


なので、お金を引き寄せるために、
今までのお金についての考え方を見直し
正しい知識を学んでみてはいかがでしょうか?


というわけで、お金を引き寄せたい方
お金を生み出す行動原則を知りたい方には
オススメできる一冊です。


『億万長者のお金を生み出す行動原則』


PS 特別価格は10月2日まで!

 

このページのトップヘ